ナガセ ビューティケァ インフォメーション

2018年03月05日(月)

野菜成分の吸収性に及ぼす植物由来乳酸菌A221株の影響について
  • サイエンス関連情報

 株式会社ナガセビューティケァは、この度、千葉大学大学院 医学研究院 清水孝彦講師との共同開発を通し、独自に扱っている「植物由来乳酸菌A221株」の機能に関しての新たな知見を「日本農芸化学会 2018年度大会」にて発表いたします。

詳細はこちらからご確認いただけます。

   ↓

 

 

 

 

 

nbc.jp/informations/pdf/20180226riris.pdf

2017年11月22日(水)

「ヤマモモ果実」由来酵母抽出物が、ヒト真皮繊維芽細胞の形態及びコラーゲン産生に及ぼす影響 についての学術発表を行います!
  • サイエンス関連情報

ナガセビューティケァは、2017年12月6日~9日に神戸で開催される「第40回日本分子生物学会年会」において、下記の内容の学術発表を行います。

■ 学術発表内容

タイトル 「ヤマモモ果実」由来酵母抽出物がヒト真皮繊維芽細胞の形態及びI型コラーゲン産生に及ぼす影響について

 試験1 ヤマモモ果実由酵母から調整した DNY005AYE の細胞萎縮改善効果 

 試験2 DNY005AYE 処理によるI型コラーゲン産生への影響

 試験3 DNY005AYE の遺伝子発現への影響

  

詳細は、下記よりご確認いただけます。

  ↓

 

nbc.jp/informations/pdf/201711ririsu.pdf

2017年08月30日(水)

発酵オタネニンジン-CDの研究発表において、優秀発表賞を受賞いたしました!
  • サイエンス関連情報

 ナガセビューティケァは学会において「アルツハイマー型認知症モデルラットの海馬神経細胞死に対する発酵オタネニンジンの改善効果」についての研究発表行い、優秀発表賞を受賞いたしました!

リリース内容の詳細はこちらでご確認いただけます。

   ↓

nbc.jp/informations/pdf/0830gakkai.pdf

2017年06月01日(木)

ルテイン、アントシアニン、ベリー類配合食品の継続摂取による目の疲労感改善効果について
  • サイエンス関連情報

長瀬産業株式会社は、株式会社オルトメディコと共同で、「ルテイン」「アントシアニン」「ベリー類」配合食品の継続摂取が、目の疲労感に及ぼす影響について、日本予防医学会学術総会にて発表をいたしました。

 

下記よりご確認いただけます。

 

 

nbc.jp/informations/pdf/gakkai.pdf

2017年03月28日(火)

発酵霊芝の内因性敗血症モデル動物に対する影響について
  • サイエンス関連情報


長瀬産業株式会社は、独自に開発した機能性素材「発酵霊芝」について、「免疫調整作用」「血圧降下作用」「血管保護作用」に次ぎ、この度、新たに新機能として「発酵霊芝の内因性敗血症モデル動物に対する影響について」の学会発表を致しました。

 

下記よりご確認いただけます。

       ↓

 www.nagase.co.jp/assetfiles/news/20170328.pdf

2016年12月01日(木)

発酵霊芝配合食品の血管・免疫機能の改善効果について
  • サイエンス関連情報

 発酵霊芝配合食品の血管・免疫機能の改善効果について

 

 

長瀬産業株式会社は、霊芝を自己発酵させることで機能性を高めた「発酵霊芝」を開発しました。「発酵霊芝」を配合した食品の摂取により、血管状態の改善および免疫機能の改善効果を確認しましたのでご報告いたします。

 

下記をクリックすると、学会発表内容をご覧いただけます。

 

http://www.nagase.co.jp/assetfiles/news/20161201-2.pdf

2016年12月01日(木)

発酵オタネニンジンのアルツハイマー型認知症モデル動物に対する影響について
  • サイエンス関連情報

発酵オタネニンジンのアルツハイマー型認知症モデル動物に対する影響について

 

長瀬産業株式会社は、「発酵オタネニンジン-CD」のアルツハイマー認知症型モデル動物への影響を検討した結果、様々の改善効果を見出しましたのでご報告いたします。

 

今回の検討により、アルツハイマー型認知症の予防や進行抑制に、「発酵オタネニンジン-CD」が貢献することが期待されます。

 

下記をクリックすると、学会発表内容をご覧いただけます。

 

http://www.nagase.co.jp/assetfiles/news/20161201-3.pdf

2016年05月15日(日)

A221乳酸菌の有用性について
  • サイエンス関連情報

 A221乳酸菌の有用性について

 

長瀬産業株式会社が独自に扱っているA221乳酸菌について、新たな知見を得ました。

第70回日本栄養・食糧学会大会において発表されました。

 

リリース内容はこちらです↓

 

http://www.nagase.co.jp/assetfiles/news/20160509.pdf

 

 

2016年03月22日(火)

発酵霊芝の研究について
  • サイエンス関連情報

長瀬産業株式会社は、独自に開発した発酵霊芝の免疫調整作用を検討した結果、免疫細胞であるサイトカインの産生が向上することを確認しました。

日本薬学会(2016年3/26~29 横浜)において発表致します。

 

↓リリース内容はこちらです。

 

http://www.nagase.co.jp/assetfiles/news/20160322-2.pdf

 

 

2015年04月06日(月)

発酵オタネニンジンの作用メカニズムに関する新知見について
  • サイエンス関連情報

「発酵オタネニンジンによる血糖上昇抑制効果と作用メカニズムに関する新知見」学会発表について

 

長瀬産業株式会社は、この度、岡山で開催された日本農芸化学会2015年度大会において、以下のタイトルで学術発表を行いましたのでご報告いたします。

 

  「人参サポニン代謝物 M1によるGLP-1分泌促進の作用機序解析」

 

発酵オタネニンジンM1が血糖値を一定に保つホルモンを活性化するメカニズムを解析しました。

 

リリース内容はこちらです

 

http://www.nagase.co.jp/assetfiles/news/20150406-1.pdf

 

19件中1〜10件を表示しています。

12